グダグダ遊戯王

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グランソイル型スクラップのこと

お久しぶりです。
↑この言葉を冒頭につけるのがお馴染みになってきましたねw

さてさて遊馬編2が出たことによって少し環境が変化しましたね。
それを代表するのはこのカード。


みなさんもお察しのように『護封剣の剣士』です。
効果は以下の通り。

効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻 0/守2400
相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
さらにこのカードの守備力がその攻撃モンスターの攻撃力より高い場合、
その攻撃モンスターを破壊する。
また、フィールド上のこのカードを素材として
エクシーズ召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

ーーー

このカードのいいところをグランソイル型のスクラップの視点で考えてみます。
・最大の課題であったディーヴァ狙撃を1枚で返せるカード。
・フェルグランドが立ちやすくなった。
の2点がすごく大きいです。

1つ目の課題であったディーヴァ狙撃のことですが、これはテンキユウシ、2回攻撃付与されたメガロにも挙げられます。

グランソイル型スクラップ(=スクソイル)はどうしてもトリシューラに弱いデッキでありました。

新制限になり、トリシューラが立ちやすい環境になったとは言えなく、むしろ立ちにくくなった環境ですが、それでもトリシューラの脅威は消えません。征竜でも☆7征竜+☆1ドラゴンチューナー+バトルフェーダーなりの非チューナー☆1ですぐに立ちます。

護封剣の剣士登場以前のスクソイルはディーヴァ狙撃、テンキユウシ、2回攻撃付与メガロをメインでは速攻のかかし、ヴェーラー、ゴーズなどで防いでいました。まぁゴーズは防げていなかったので微妙でしたが。いわゆる手札誘発、ですね。

護封剣の剣士が登場してからはどうでしょうか。これらの課題がすべて取り払えました。やっぱりディーヴァ狙撃をなんとか出来るようになったのは本当に大きいです。



次にフェルグランドが立ちやすくなったことについて。

フェルグランドはそのスペックの高さによって数々のデッキを圧倒してきました。

例を挙げれば幻木水竜が入った征竜、あと最近ので言えばroyalcsに入賞されていた暗黒界などがフェルグランドの強さに着目したデッキになっていますね。

そのフェルグランドなんですが、素材が☆8×2。ここでスクソイルに戻って考えてみましょう。

スクソイルの地味な課題として、「効果を使い終えたグランソイルをどうするか」がありました。

グランソイルは場に残しておいていいカードではないのは明らかです。
それを解決するのは「エクシーズ」でした。

今まではそのエクシーズに繋げるには☆8、つまりスクソイルだと☆8シンクロを使わなければならなかったのですが、護封剣の剣士によってその問題も解決されました。

ーーーー

僕はこのカードが出て本当に嬉しかったですw
このブログを読んでくださっているスクラップのプレイヤーさんも護封剣の剣士を試してみてください。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/01(火) 19:37:29|
  2. 遊戯王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スクソイル考察&レシピ | ホーム | スクラップのこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomo9428.blog.fc2.com/tb.php/36-2f273a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。