グダグダ遊戯王

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイドルマスター 劇場版 「輝きの向こうへ」 ネタバレ込感想

遅めですけど行ってきましたアイドルマスター劇場版。



ネタバレ、というかただの感想です。w
内容を思い出したい!って方はこの方のブログをご覧になればいいかと

http://iorhythm.wordpress.com/2014/01/25/アイドルマスター-劇場版-「輝きの向こう側へ」/

⚪︎来場者のこと
公開日から結構日にちが経っていますが、人はわりといました。僕は「シネ・リーブル神戸」で見ましたが、あそこは迷いますねw
9時からっていう早めの時間にも関わらず、って感じでした。


⚪︎映画で気になったこと
気になったことを挙げてそれを話していこうかなって。気になったのは
・バックダンサーの下り
・アリーナのライブのこと
・千早の親
・プロデューサーのハリウッド行き
ぐらいですかね。これを話していこうかなって思います。個人的な感想ですので、気に障るような発言があったら申し訳ないです。

・バックダンサーの下り
バックダンサーのメンバーがグリマスのキャラだったのは驚きました。(少しだけやってた身)
動く杏奈ちゃんが見れて嬉しかったんですが、苦戦するバックダンサーたちがバラバラになったり、加奈のことで揉めたり。この流れは凄くアイマスぽい感じがしましたね。
気になったのはこの下りが少し長いなぁって感じたところです。僕はアイマスガチ勢ではないので、気に障る方もいると思いますが、あの流れはアニメでもありましたし、もう少し巻いてアリーナでのライブに重点を置くべきだったんじゃないのかなって思いました。

ここからは3個目のアリーナでのライブのことにつながるんですが、グリマス組が散々苦戦してた踊りが、映画での「M@STERPEACE」、つまりはアリーナでのライブの時、バックダンサーたちはぴょんぴょんジャンプして、手を叩いてただけだったってのが僕は悲しかった。ぶっちゃけちゃうと、それがそんなに難しいことだったのかなぁって感じました。
まぁアリーナライブの1曲目だから…って感じはしますが、映画ではその一曲しかアリーナライブは映されてません。バックダンサーが苦戦していた成果を映されていなかったのは個人的にはすごく残念でした。映画の流れがグリマス組の苦戦のことばかりでしたし。もう一曲ぐらいは踊って欲しかったかなぁって思いました。
まぁあのライブのカメラワークはすごかったですねwどうなってんだあれww

・千早の親
単純にあまり取り上げられていなかったってのがありますね。
千早がアリーナライブに招待するって決めて、ポストに入れるまではいいんですけどそっからが…って感じでした。


・プロデューサーのハリウッド行き
何をしに行くのかが明白じゃなかったのがイマイチでした。エンドロールで帰ってきてましたし。プロデューサーとしてステップアップするため、というはっきりとしないことを言ってたり。あれはなんだったんでしょうかw


こっからは僕の推しキャラ、いおりんについて。
めちゃくちゃ可愛いかったですね。春香の次に活躍してたと言っても過言ではないレベル、てか活躍してた。
孤立している志保に話しかけに言ったり、どうすればいいか悩む春香に喝を入れたりと。少し周りより大人びてるいおりんが僕は好きです。w
水遊びのときはぶひいいいいいいってなってました、あれはありますよねww
下着見れてふほおおおおおって感じですしw
アリーナのライブの時、合宿の最終日の踊りの時然り、可愛いすぎますいおりんは。
ウィンクしまくってましたね。可愛い。
カメラに向かってウィンクするいおりんはやっぱりわかってるなーって感じがしました。
プロデューサーがハリウッドに行くとなったときに、素直になって泣いていたいおりんもまた可愛いかったですね。
子供も大人の間の時期にいて、どっちにでも傾くのがいおりんの良いとこであり、可愛いとこなんじゃないかなって思います。

⚪︎まとめ
面白かった。それに尽きる。
気になることもありましたが、春香というリーダーを置いて話を進め、読める展開で加奈をメンバー復帰させ、アリーナライブを成功させるという流れは正に王道って感じでしたね。
変に流れを変えるとそれだけで面白さがかけてしまいますし。
良くも悪くも、って感じですね。

お疲れ様です。良い作品でした。なんかすごい上からになってますけどw
モバマスのアニメ化があるって噂を聞いたのでそっちも楽しみにしときます。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/16(日) 22:54:37|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スクソイル考察&レシピ

更新する気だったのに忘れてましたw

さてこのブログを覗いてくれている人は何人いるんでしょうかね。その少ないスクラップユーザー様に少し参考になればいいかなって思ってやってます。


さてさて。オム会が終わったのでスクソイルを晒したいと思います。
オム会自体は1回戦のガジェに完敗しましたので、晒そうと思いました。


このレシピは不完全な要素を含んでいます。それでも少しだけスクラップについて言いたいことを書いていこうかなって思います。

メイン


サイド


エクストラ


----

メインについて。
このデッキはダイヤモンドダストが出る前、つまり今よりもう少しマーメイルが多かった時に強かったです。かなり時期遅れですね笑

こだわった点だけ言いたいと思います。
・スクラップ9枚
ゴーレム2、キマイラ3、ビースト2、ゴブリン2とスクラップ要素はかなり少なめです。スクソイルを組むとしたらこんなもんかなっとは思いますが。

事故要因であったゴーレム。この枚数を1or2にするかで悩みました。
展開をするために必須ですらあったゴーレム。マーメイルの展開をG、かかし、護封剣の剣士などで止め、その返しを用意することができたカード。
2にした理由は墓地肥やしを用意したことです。ライラカーガン援軍おろ埋など、ゴーレムを墓地に落とせる要因を増やしました。これでゴーレムを2枚握って事故死、ということがなくなりました。


キマイラ3。キマイラには罠を踏んでくれるカード、として働いてもらいました。
キマイラも強いカードですが、所詮は4エクシーズまたはスクドラぐらいしか出せません。
ビュートやアークナイトが出てからは4エクシーズもかなり強くなりましたが。僕がスクソイルを回している時はなかったので、キマイラはあまり強いカードだとは思えませんでした。
だからキマイラには罠を踏んでもらおうと踏み切りました。この案には対戦相手がみんな引っかかり、ゴーレムレドックスからの閻魔竜を通すことができました。


ゴブリン2。これがマーメイルにぶっささったと言っても過言ではなかったです。
得意の展開力、クリブレを早々に召喚できるマーメイルに対して、裏守備というのは裏目しかないです。
ましてはスクラップ。殴って怖いリンデなどがいるわけでもなく。
そういう安易な考えのマーメイルを黙らしてくれるいいカードでした。
クリブレを出している、ということはあまり場が強いものとは言えない。その返しさえ用意できれば簡単に勝ちまで持っていける。いろいろ噛み合って素晴らしいカードでした。時間稼ぎにも有効ですし。2戦目以降は狙撃で割ってきますが笑

ビースト2。
これだけは3枚も1枚にもする勇気が出ませんでした。場にいれば通常モンスターでしかないビーストの弱さは異常です。
墓地に1枚確保できれば十分と考え、最小限の2枚にしました。1枚だと何かしらの除外に対応できなかった時にキマイラが罠を踏めなくなる、そういう裏目がありました。


・カーガンライラ援軍おろ埋システム
今回のスクラップはメインは完全にヴェルズを捨てました。その変わりマーメイル程度には負けにくい構成としたかったので展開力を上げるカードとして墓地を肥やすこのカードたちを使用してました。
カード・ガンナー。非常に弱いという印象でした。なんと言ってもクリブレの対象にしかなりません。
クリブレで完全に止まってしまうデッキとなってしまったので、ヴェーラーまで投入。そこまでして展開力をアップさせかったです。
カーガンを採用したのはレドックスのコストになれる、墓地に1枚いればリビングセットに裏目がなくなる。というのを評価しました。もしライトロードが地属性ならライトロードを優先します。w

ライトロードマジシャン・ライラ。
墓地肥やしもそうですが、バック破壊が非常に優秀でした。
キマイラ同様、罠を踏んでくれるカードとしての機能を果たしてもらえるように、と考えていました。
欲を言えばあと50打点が高ければ聖槍と合わせてオピオンを突破したかった。笑

援軍。
まぁサイクロンサーチできると考えればわかりやすいでしょうか。強いカードです。

おろかな埋葬。
キルしに行くときに、墓地にカードが揃ってなければどうしようもないです。
そのカードを無理やりでも揃えに行けるカード。非常に優秀でした。
ライラ援軍カーガンで揃ってしまうと腐ってしまうカードではありましたが、その時はスクドラの種にすれば何の問題もなかったです。


・Gヴェーラーかかし護封剣の剣士などの手札誘発。
これらは全てマーメイルを見てました。おまけでアライブが見れたらいいな、程度に。

G2。
征竜の動きを止めてくれるカードでした。もし突っ張ってきても、かかしさえ引ければ完全にストップさせることができました。こちらが展開して複数カードを並べて殴ってフェーダーで止められたとしても、そのタイミングに投げることができれば、相手は展開するしかないので大量ドローが狙えました。
今だとフロストと相性がいいかもしれませんね。
マーメイルはGはあまり有効になるポイントが少ないですが、投げることでトリシュなどにならずに殴ってくれるので、護封剣の剣士を投げることで相手の狙いをひっくり返すこともできました。

ヴェーラー2。
採用を悩みました。どうしても墓地肥やしのシステムを入れることによってクリブレの裏目が出てくるようになり、仕方なく採用に至りました。
打つポイントはほとんどクリブレだけ、と言っても過言ではなかった。

かかし2。
ルーラーを立てることが難しいマーメイルや征竜をストップさせてくれるカードでした。返しにレドックスゴーレムで閻魔竜を出し何度場をひっくり返したことか。
非常に優秀なカードでしたが、3枚積むほどの枠がなく、むしろ護封剣の剣士を採用したことで枠を取られ、2枚に落ち着きました。
このカードもレドックスのコストになってくれるという利点がありました。

護封剣の剣士2。
マーメイル、炎星、アライブ、ガジェ。いろんなデッキを見ることができました。
マーメイルだとメガロに破壊されない打点。炎星だと場を開けられてユウシなどの直接攻撃のタイミングで。アライブはルーラーを出されたらどうしようもないですが、その前に投げれたら相手に負担をかけれるカードとして。ガジェはギアギガントやキングレムリンに。おまけとしては武神にも投げれました。
いろんなデッキに刺さるカードでしたが、致命的に征竜に出せませんでした。
征竜は数も多く、それを無視するわけにはいかなく、3枚積む勇気もなく。2枚に落ち着きました。
あと、場に出たグランソイルの処理にも役に立ちました。このカード自体が☆8なのでソイルと合わせることでフェルグランドになれ、戦闘破壊耐性まで付与させることもできました。


・カード・カーD2枚採用
カーD自体は優秀なカードですが、マーメイルにはディーヴァの狙いになる、という非常に辛い裏目がありました。
この点を解決できれば‥と思っていましたが、護封剣の剣士の登場によってこのカードの価値を格段に上げることができました。このカードのいい点としましては、クリブレに食われることなくアドを稼いでくれる、という大きな点もありましたので採用。プレイするタイミングは手札にかかしなどがあること。それだけです。

・モンスターカードの多さ
このレシピを見て皆さんが最初に思うことがこのことでしょう。
『召喚権辛くない?』ということ。
実際使ってみるとそんなことはない、というのが言いたい。
それぞれ召喚するタイミングというものがあります。
まず、ビーストゴブリン。このカード達は序盤には出しません。出しても弱いだけです。スコールを引くまで待たないとタダのゴミ。そんな感じに思って頂ければわかりやすいかと。
次に墓地肥やしのシステム。援軍は即うちしますが、あとの2枚はヴェーラーまたはGでもないとクリブレの種です。そんな容易に召喚できるカードではないです。
最後にカード・カーD。このカードは先ほど説明した通り、かかし護封剣の剣士を握っている時にしか出しません。それ以外はトリシュという裏目があります。

全て2枚セットで動きます。このことを心がければ召喚権がダブつく、なんてことにはならないでしょう。
一応ですが、ライラヴェーラースコールビーストなど、揃った札が2セットきた場合。それはクリブレの方を警戒してください。
このことを言いたくてブログ書いてるようなもんですww
言われたもんでw


・聖槍2、サイク1
これは環境的にこうした方が強かった、というのもありました。
キマイラで罠を踏むと言いましたが、踏む罠で1ー1交換以上をしてしまうカードが怖かった。
それは奈落の落とし穴。奈落だけはスクドラはどうしようもない。その1点を解決できるカードは何か。ピンポイントに打てる聖槍を優先しました。脱出で積む場面もありましたし。
激流、神宣警告はキマイラのタイミングで打ってくるので別に困るカードではないです。次に繋げやすい。また警告神宣はライフを失ってくれるので、非常に楽にキルしにいくことができました。
今なら槍とサイドのサイクをそのまんま変えると良さげ。

・ピンエリア
普通、スクラップを組む上でエリアは2枚が常識なんじゃないでしょうか。
スコールとの噛み合わせがよく、またキマイラが動かなくなるということを最小限抑えることができるカード。
ですが、今回のスクラップは手札にスクラップを引いてスコールを打ちたい、ということは少なかったです。墓地肥やしで十分ゴーレムキマイラが動くことができました。1枚というのは墓地に全くスクラップチューナーが落ちないという最悪の場面、レドックスのコストのサーチ、レドックスゴーレムを決めたいときなど。そういう場面に活躍するカードでした。1枚でも役割は多かったです。

・罠3
リビングだけにしました。一時期はデモンズ・チェーンが入っていたんですが、あまりにも墓地肥やしと相性が悪く、あとオピオンぐらいしか打ちたいカードがなかった。そういう判断で罠を最小限にしました。ブレイクスルーぐらいならありかもしれません。w
リビングはソイルと合わせることで8000を超えるダメージ、または致命傷になるダメージを与えることができたり、スコールのコストになるスクラップを出せたり。エリアを減らせた理由でもありました。



サイドについて。
・エレクトリック・ワーム3侵食感染1
征竜の色を奪えるカードとして使っていました。征竜は色さえなければ動けません。その点に着目しての採用でした。
あとは感染とともにいれてヴェルズを見ました。奪ってゴーレムのリリースの種にしたら相手の罠を踏めたり。とりあえずヴェルズを多めに見たかったというのもありました。
ガジェにも入れれたり。ギアギガントを頂いてカーDサーチなど。よくわかんないカードになったりしたり。

・フォッシルダイナ・パキケファロ2
征竜に。
奈落にかからない、先行で出せば除去はブラスターの焼き又は脱出などを絡めないと突破が不可能と判断しました。
実際出して最後まで生き残らせ、ブラスターが間に合う前にゴーレムでリリースしてキルしにいくことが多かったです。


・増殖するG1
征竜に対して増やすカードとして。
護封剣の剣士があまりにも腐るのでそれを抜いてこのカードを追加します。増量することで投げれるタイミングを作ったり、ドラグにもぽいぽい投げれたりと相手の動きを抑制してくれる優秀なカードでした。

・N・グランモール2
ヴェルズに。オピオンをお触れと一緒に用意して殴ってもらいます。聖杯が辛いですが、このデッキにはレドックスやリビングなど蘇生手段は多めに用意されているので2打3打と用意するのは簡単でしょう。


・サイクロン2
罠が多いデッキに全て。
刺さりやすいのはヴェルズやマーメイルなどでしょうか。征竜は1戦目で罠をどれだけ見たかで入れるかを考えます。
強脱を見たらほぼ間違いなく入れます。逆に爆風などを見たら入れにくいかと。


・ブラック・ホール
炎星マーメイルアライブガジェなどに。
打つタイミングなんてのはあまり存在しませんが、炎星アライブガジェにはルーラーが出たタイミングで打ちましょう。
そこ以外で打つとルーラーでモンスターを宣言されて負けます。


・王宮のお触れ3
罠デッキに。主にヴェルズ炎星かな。
ヴェルズは罠を止めてグランモールで殴っとけば勝てます。終わり。



エクストラについて。
・星態龍
どうしても警告宣告奈落が踏めない時。そういう場面に出します。あとフェルグランドを上から殴れる要因を増やしておきたかった。その2つを見ての採用です。
今だとガオウを上から殴れるので優秀なカードですね。


・スクラップ・ツイン・ドラゴン
これもフェルグランドを返せるカード。
罠を一気に戻すことでワンキルまで持っていけます。
出し方はゴーレム+ビーストしかないですが、回せば意外とぽいぽい出します。


・スクラップドラゴン3
スクラップなんで。キマイラのシンクロ先での最強カード。


・閻魔竜レッド・デーモン
全ての展開を返してくれる優秀カード。採用は絶対的です。閃光竜を突破してくれたのも大きい。


・レッド・デーモンズ・ドラゴン
スケゴを吹っ飛ばしてくれたり、相手の守備閃光竜を吹っ飛ばしてくれます。


・閃光竜スターダスト
フェルグランドの横に並べることが多かった印象。スターダストよりも守れる範囲が多かったのが強かったです。


・スターダスト・ドラゴン
マーメイルにはフェルグランドの横にはこのカードを立ててました。
重曹という負け筋を許さないカードとして。

・スクラップ・デスデーモン
キマイラのシンクロ先がこいつしかいない時や、ワームで色とってサックになる時にも使います。


・神竜騎士フェルグランド
よく出します。出しまくります。
理由はソイルの存在です。ソイルを場に残さないように無理やりでも出しに行きます。


・幻獣機ドラゴサック
ワームで色を奪ったときに。

・ジェムナイト・パール
相手のオピオンの処理を任せました。
槍さえあれば奈落脱出にはかからず。


・交響魔人マエストローク
オピオン処理。

・深淵に潜む者
フェルグランドと共に出してマーメイルを完封します。


以上です。エクストラの説明が非常に雑になりましたが、眠いからですw
なんか質問とかあったらぜひぜひ。ここでもツイッターでも。
とりまエクストラを変えてください。マエストロをアークナイトに、レモンをビュートかな。


今はまた罠型で遊んでます。まだ竜とはやってないんですが、試せるだけ試したいと思います。
数少ないスクラップユーザーへ。
  1. 2013/11/24(日) 16:43:03|
  2. 遊戯王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グランソイル型スクラップのこと

お久しぶりです。
↑この言葉を冒頭につけるのがお馴染みになってきましたねw

さてさて遊馬編2が出たことによって少し環境が変化しましたね。
それを代表するのはこのカード。


みなさんもお察しのように『護封剣の剣士』です。
効果は以下の通り。

効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻 0/守2400
相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
さらにこのカードの守備力がその攻撃モンスターの攻撃力より高い場合、
その攻撃モンスターを破壊する。
また、フィールド上のこのカードを素材として
エクシーズ召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

ーーー

このカードのいいところをグランソイル型のスクラップの視点で考えてみます。
・最大の課題であったディーヴァ狙撃を1枚で返せるカード。
・フェルグランドが立ちやすくなった。
の2点がすごく大きいです。

1つ目の課題であったディーヴァ狙撃のことですが、これはテンキユウシ、2回攻撃付与されたメガロにも挙げられます。

グランソイル型スクラップ(=スクソイル)はどうしてもトリシューラに弱いデッキでありました。

新制限になり、トリシューラが立ちやすい環境になったとは言えなく、むしろ立ちにくくなった環境ですが、それでもトリシューラの脅威は消えません。征竜でも☆7征竜+☆1ドラゴンチューナー+バトルフェーダーなりの非チューナー☆1ですぐに立ちます。

護封剣の剣士登場以前のスクソイルはディーヴァ狙撃、テンキユウシ、2回攻撃付与メガロをメインでは速攻のかかし、ヴェーラー、ゴーズなどで防いでいました。まぁゴーズは防げていなかったので微妙でしたが。いわゆる手札誘発、ですね。

護封剣の剣士が登場してからはどうでしょうか。これらの課題がすべて取り払えました。やっぱりディーヴァ狙撃をなんとか出来るようになったのは本当に大きいです。



次にフェルグランドが立ちやすくなったことについて。

フェルグランドはそのスペックの高さによって数々のデッキを圧倒してきました。

例を挙げれば幻木水竜が入った征竜、あと最近ので言えばroyalcsに入賞されていた暗黒界などがフェルグランドの強さに着目したデッキになっていますね。

そのフェルグランドなんですが、素材が☆8×2。ここでスクソイルに戻って考えてみましょう。

スクソイルの地味な課題として、「効果を使い終えたグランソイルをどうするか」がありました。

グランソイルは場に残しておいていいカードではないのは明らかです。
それを解決するのは「エクシーズ」でした。

今まではそのエクシーズに繋げるには☆8、つまりスクソイルだと☆8シンクロを使わなければならなかったのですが、護封剣の剣士によってその問題も解決されました。

ーーーー

僕はこのカードが出て本当に嬉しかったですw
このブログを読んでくださっているスクラップのプレイヤーさんも護封剣の剣士を試してみてください。
  1. 2013/10/01(火) 19:37:29|
  2. 遊戯王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スクラップのこと

こんにちはこんばんわおはよ(ry

tomohiroです(=゚ω゚)ノ

前回の更新でスクラップのサイド案でピンポガのことについて話してましたが…それはトリオン型のスクラップでのみ強そうですw

今回してるグランソイル型レドックススクラップでは大量展開で4軸も武神も見れそうです。その代わりにヴェルズが本気で無理になりました。キービートルまで出たらほんと無理。
ADSで強かった構築置いときますね。
エクストラはもうちょい改善してください。



今回の構築で心がけたのが
「相手の場に干渉しない」ということです。
どういうことかと言うと、スクラップ・ゴーレムで相手にゴブリンを押し付けてそのゴブリンを殴ってワンキルするという方向性でデッキを組みました。
この方向性のおかげでエクストラのブラックコーン号はいらなそうです。3エクシーズあたりに変えて見るのが強そう。個人的にはゼンマインかな。
ヴェルズに対して唯一の勝ち筋を見出せます。セットゴブリンで耐えて、カーガンでエクシーズ。

わからないことがありまくるので何とも言えないですが今回はこの辺で。質問とかあったらコメントください。それでは!
  1. 2013/08/06(火) 23:05:07|
  2. 遊戯王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お久しぶりです(´・_・`)

ブログの存在を忘れてましたww
まったく考えてもいなかったです。

更新は気分的にやってこうかなって思ってます。自分に負担かけるブログなんてやらない方がいいですよねw

近況ですが今季はマーメイルと魔導を回していました。
ディニクアビスきてから魔導征龍の圧に勝てるかなと思ってた自分が甘かった。キツイです。
僕はマーメイルのメイン鉄壁が嫌いでずっと魔封じの芳香でやってました。
魔導ならなんとかなるカードですが、征龍戦では…。

魔導にシフトしてからは勝ちやすくなりました。ミラー、征龍戦などわかんないことばっかです。未だにww

もうすぐ新制限が来て来期の環境がやってきます。
継続して強そうなのが征龍とマーメイル。次点で4軸炎星と武神。こんな感じでしょうか。ヴェルズの立ち位置は環境トップに勝てる、4軸と武神はキツイというまた微妙なとこかと。
僕は来期はスクラップを第一デッキに。勝てなくなってきたらマーメイルかなぁとか思ってますww

一応来期用のスクラップも考えています。暗黒界に勝つためのスクラップですねw
4軸と武神を見るカードはサイドに。メインではマーメイルと征龍にカモられるだけなんでw
このブログを見てくれる数少ないスクラップ使いの方々のために。来期4軸と武神を見るカードは。「ピンポイント・ガード」です。(多分)
僕はこのカードを信じてますw
まだ脳内案ですけどねw

久しぶりにブログ書いてるんでついでに今期のアニメのことも。
僕アニメ見てます。見てますよ!ww
作画が綺麗だと思ったのは「恋愛ラボ」。
絵がかわええ。原作読んでないからなんとも言えないですが、百合アニメではないそうですねw期待して良さそうw
opの「ラブしたい!」が「ローブシンかい!!」にしか聞こえません。ニコ厨でポケモン好きですごめんなさい。

ダンガンロンパも完全初見で見てます。ネタバレになりますけども、ヒロインが2話で死ぬなんて…w逆に面白かったですww

他は
・ローゼンメイデン
・神のみ
・わたモテ
・物語
・シンフォギア
・ロウきゅーぶss(大好きです。智花を舐めたい)←通報
・ハイスクールDD
・進撃の巨人
・とあるs
ぐらいでしょうか。。。
あんま見てないですねwなんか申し訳ないw

こんくらいで今回の更新は終わりにします。w
次の更新はそうだなー…うーん…部活の県大会→合宿が終わったあとくらいにネタがあれば更新しますね。

それではまた次回!!
  1. 2013/07/24(水) 23:33:46|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。